中国ロケット、制御不能で大気圏再突入

お問い合わせはこちら

中国ロケット、制御不能で大気圏再突入

中国ロケット、制御不能で大気圏再突入

2021/05/06

写真、記事とも時事通信社です。

「米国防総省は4日、4月下旬に打ち上げられた中国の大型ロケット「長征5号B」が、
近く制御不能状態のまま大気圏に再突入するとして、
追跡を続けていると明らかにした。再突入は8日ごろになる見通しという。

国防総省は声明で「宇宙軍が中国の長征5号Bの位置を認識し、追跡している」と説明。
ただ「再突入の数時間前まで正確な再突入ポイントを特定することはできない」として、
ウェブサイト上でロケットの位置情報を更新していくと述べた。

 大気圏に再突入する人工衛星の残骸などは通常、地表に到達する前に燃え尽きる。
しかし、長征5号Bは全長約54メートルと大型で、
残骸が地表に落下する恐れがある。

「残骸が地表に落下する恐れがある」
うーん、
もし中国以外の国に落下して、そこの人や建物や自然を損なったりしたら、
戦争にならないでしょうか?

目下の私の最大の心配事です。

誰一人見逃さない!一人ひとり個別にWサポート!

ル・シエルでは、教科学習に「学研G-PAPILS(ジーパピルス)」の映像学習とAIプリントシステムを採用しています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。