ル・シエルLLC合同会社

教室のBGMがモーツァルトな理由 【大阪|フリースクール|実質無料 | 塾代助成カードが使える】

お問い合わせはこちら

教室のBGMがモーツァルトな理由 【大阪|フリースクール|実質無料 | 塾代助成カードが使える】

教室のBGMがモーツァルトな理由 【大阪|フリースクール|実質無料 | 塾代助成カードが使える】

2021/12/03

「音」気になりますか?
耳から入った音楽が、頭の中で音符になりますか?
え?ならない?・・・そうですか・・・

誰一人見逃さない!一人ひとり個別にWサポート!

ル・シエルでは、教科学習に「学研G-PAPILS(ジーパピルス)」の映像学習とAIプリントシステムを採用しています。

教室のBGMがモーツァルトな理由

HSPつれづれ話

教室ではBGMにモーツァルトを流しています。
「波の音」「野鳥のさえずり」などを流すこともありますが、

⚫︎子どもたちに心から安心して過ごしてほしい
⚫︎子どもたちの気持ちが明るくなってほしい
⚫︎子どもたちの学習意欲を高めたい

そう考えた時、
「教室のBGMはモーツァルトにしよう!」
と思い立ちました。

モーツァルトについては
発達障害があったのではないかなど、
様々な憶測や研究がなされていますが、
彼の曲に「邪念」のようなものが一切入っていないことは
聴けばよく分かります。
逆にベートーベンの曲には彼の感情や精神状態が
反映されすぎていて、
聴いていて重たく感じます。

HSPで絶対音感保持者でもあるので、
私は音楽から大きく影響を受けます。
「音楽を聴きながら勉強」は出来ません。
耳から入った音楽は、頭の中で音符♪になります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。