不登校になったことに不安を抱いている生徒様を癒すフリースクールを大阪市で開業

お問い合わせはこちら

スタッフ

代表のHSPの強みを活かして生徒様に寄り添って癒す

STAFF

ありのままの生徒様を肯定することで自己肯定感が持てるように

人間は本来万人に大なり小なり素晴らしいところがあるものです。しかしながら、他者を否定することで自己肯定を感じようとする浅ましい心が否定された相手の自己肯定感を削ぎ、時に不登校にまで追い込まれるケースもあります。
不登校になっても人生を自分らしく生きるための道は多数にあり、小・中学校を無事に卒業することだけが全てではございませんので、ご安心ください。不登校になった原因で傷ついたり不安になったりしている生徒様を、代表はHSPの特性を活かしてありのままに受容して、心を癒せるフリースクールを目指します。


教室長

Naoko Iwakura

Naoko Iwakura

自己紹介
エレイン・アーロン医師が開発したHSPのセルフテストに全項目当てはまります。
他者の機微や思惑が見えたり聞こえたりします。絶対音感も持っています。
愛読書
聖書
辞書
略歴
私が1歳の時に、
すぐ下の妹が医療事故に遭って高次機能障害者に、
また11歳の時には、
父が医療事故に遭って植物状態→脳障害・肢体不自由者になりました。

幼心に「医師=絶対」だと思っていた私は、
この二つの不遇な事実によって「生きているのがバカらしく」なり、
希死念慮を抱くようになりました。

それから35年以上が経ちましたが、
別に私自身の考えが変わったわけでも、
しんどさ・辛さを「乗り越えた」わけでもありません。
「生きていくやり方」を知っただけです。

その「やり方」を後輩の皆さんにお伝えできればと
思っています。

閉じる

不登校に追い込まれた生徒様にはHSPの特性が見られるケースが多々あり、代表もそのHSPの一人であるため、生徒様の気持ちがよく理解できます。HSPは相手の気持ちが自分が感じていることのように伝わってくる特性があるため、目の前で怒られて萎縮している同級生がいれば不思議と自分も萎縮した気持ちになってしまい、同じように褒められて嬉しそうにしている同級生を見ると自分も褒められたように嬉しく感じることがあります。
このように、生徒様のお気持ちがまるで自分のことのように伝わってくることも多々あり、その気持ちに深く寄り添えるのではと考えております。学校に通えなくなり不安な気持ちも多々あることでしょうが、その気持ちをありのままに受け止め、スクールに通うことで癒していってください。素の生徒様を受け入れ、健全な自己肯定感を持ち、社会復帰できるよう代表として接してまいります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。