将来どのような自分になるかワクワクできるようなフリースクールを大阪市で開業

お問い合わせはこちら

大阪市のフリースクール Le Ciel ~ル・シエル~の評判

不登校からイキイキと将来の夢を実現する進路は無限大

大阪市のフリースクール Le Ciel ~ル・シエル~の評判

一度不登校になったからといって、将来なりたい自分の実現への道が途絶え、不幸になるといったものでは決してございません。もし希望する仕事に大卒の資格が必要ならば、高校か大学から通学復帰する方もいらっしゃいますし、学校に行かずとも叶える手段はたくさんございます。
まずは不登校になったことはあくまで人生の通過点であり、選択肢に一つにすぎないものであると、良い意味で軽く受け止めることが、健全な自己肯定感を育み、未来へのワクワクとした希望が芽生えるきっかけにも繋がります。


昨今大変需要が高まっているプログラマーとしての進路

90年代に起こったIT革命を皮切りに、多くのエンジニアと研究者達の努力があって、人類の文明は歴史上類を見ない急速な発展を遂げました。その一方で、そのITエンジニアの人手不足が日本でも問題視して、小学校でのプログラミング教育の必修化も進んでおります。プログラマーとして働くには会社によっては高卒の資格を必要とするところもありますが、その条件は無理に学校に通わずとも高卒認定試験に合格すればクリアできます。
基本的に学歴は関係なく、その方の技術力や実績を重視して仕事をいただけるか否が決まる、良い意味での実力主義の世界です。そのため、不登校から独学でプログラミングを学習し、実績を積んで独立といった選択肢もございます。基礎的なHTML・CSS・JQueryなどといったウェブプログラミングや、話題のAIによく使われるPythonで人工知能技術者を目指すなど、不登校からでも選択肢は多く広がります。

HSPの共感能力が最大限活きるカウンセラーやコーチング

学校に行けなくなった子どもにはHSPの先天的な長所を持っている子も、大変多い傾向がございます。集団では周囲の感情がポジティブなことであれネガティブなことであれ、敏感に察知できるが故に気疲れしやすい傾向がございますが、この特性は人の気持ちがよく理解できることの裏付けでもあるのです。
そのため、HSPの人は大勢の人と関わる仕事よりは、一対一で相手のことにじっくり向き合う仕事に大変大きな適性があるのです。その代表とも言えるのがカウンセラーであり、人の話にじっくりと耳を傾け、相手の気持ちを理解しながら心を解していくのはHSPの十八番です。それから派生して、トラウマを処理するヒーラーや叶えたい自分の実現をサポートするコーチングといった分野での独立をするHSPの方もいらっしゃいます。これらの仕事はしっかり成果を上げることでファンも多くでき、そうなると人気も上がり業績も安定する力を秘めています。

好きなことに没頭できるイラストレーター・画家・小説家

「好きなことに没頭していて、気づいたらご飯も食べずに4〜5時間くらいあっという間に経過していた」このような素晴らしい個性を持った方も、不登校のお子様の中に多いのが特長の一つです。このくらい大好きで集中できるのであれば、それを仕事にしていくといった選択肢も広がってまいります。画家・イラストレーター・漫画家など、絵を描くことが大好きな方にはうってつけの仕事です。しかしながら、その才能を世に出してくれる方とのご縁が必要なことでもあるため、じっくり検討することも大切です。現代ではネット上からイラストの仕事を受注できる仕組みも整っているため、普通に食べていくだけであればフリーランスで仕事が受注できる可能性も多分にございます。
小説家もまた出版社の方との出会いがかなり大きな比重を占めるものの、物書きが大好きな方であればその才能が開花できる可能性がございます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。